初心者におすすめのプロテインはアルプロン。コスパいいしチョコがおいしい!

なおどらログのなおです!

私はプロテインを飲み始めて4年目になりました。

 

今回は 

コスパのいいプロテインってどれがあるの?

安心できる品質が良いプロテインを教えて

プロテインのおすすめの味とメーカーってなに?

美味しいプロテインが飲みたい

そんな人に向けた内容です。

 

結論から話をすると

コスパが高くて飲みやすいアルプロンがおすすめ

アルプロンのホエイプロテインの買い方

アルプロンのシリーズについて

 ライトシリーズ プロテイン入門者向け

 トップアスリートシリーズ プロテイン中級者向け

 IZMOシリーズ プロテイン上級者向け

最初のフレーバーとしてチョコをおすすめ

プロテインを安くおいしく飲み始めましょう

という内容です。

説明します!

Nao
Nao

プロテインはおいしいものが続けやすい

スポンサーリンク

コスパが高くて飲みやすいアルプロンがおすすめ

アルプロンとは

アルプロンプロテインを中心とした高品質なサプリメントを製造販売する会社です。

プロテインを長く飲んでもらうために飲みやすさと価格にこだわっています。

 

会社設立は2001年から。

20年以上プロテインを作り続けている会社です。

 

社名はActive、Life、Protein、Respect、Original、Navigatorの頭文字から作った造語です。

造語の意味は

「世の中になかったものを新しく想像して、世界中に広めたい」

「A(あ)」ではじまり「N(ん)」で終わることで「一度きりの人生を全力で生きていこう」

という2つの強い想いから名付けられています。

 

製造場所は島根県雲南市の国内工場で行っています。

海外との違いとして一つ上げるなら水質

日本は水質基準が厳しいです。

日本とWHO・アメリカEPA・EUの水質基準の比較です。

大腸菌

WHO100mL中に検出されてはならない
アメリカEPA5%以下
EU100mL中に検出されてはならない
日本検出されないこと

水銀

WHO0.001mg/L
アメリカEPA0.002mg/L 無機水銀として
EU0.001mg/L
日本0.0005mg/L

ヒ素

WHO0.01mg/L
アメリカEPA0.05mg/L
EU0.01mg/L
日本0.01mg/L

 

数値を見てわかるとおりにすべての項目について日本は最も厳しい基準を設けています。

 

世界と比べて水質がトップクラスな国内工場で作られるプロテインです。

安心してプロテインを飲めます。

 

アルプロンのこだわり7つ

Nao
Nao

アルプロンは味がおいしくて溶けやすい。値段が安いのに質がよいですよ!

1.タンパク質含有量約80%

トップアスリートシリーズホエイプロテインならタンパク質含有量約80%

タンパク質含有量とはプロテイン1gの中にタンパク質が0.8g含まれていることです。

 

タンパク質含有量が高いと1度で使うプロテインの量が少ないため、プロテインがなかなかなくなりません。

プロテインが減らないと購入する回数が少ないため、結果的に安くすみます。

 

例えば

ALPRONライトシリーズはタンパク質含有量が約70%

ココアミルクなら3kg8,980円

 

ALPRONトップアスリートシリーズはタンパク質含有量が約80%

チョコレートなら3kg10,239円

 

タンパク質必要摂取量が60gでその内40gをプロテインで補うとします。

ALPRONライトシリーズなら1日量が57.1g

ALPRONトップアスリートシリーズなら1日量が50g

 

計算上

ALPRONライトシリーズは52.5日

ALPRONトップアスリートシリーズは60日

でなくなります。

 

年間計算すると

ALPRONライトシリーズは1年間で約7回購入します。

費用は1年間で62,860円です。

ALPRONトップアスリートシリーズは1年間で約6回購入します。

費用は1年間で61,434円です。

 

表にするとこちら

3kg値段タンパク含有量%タンパク質摂取量40gとしたプロテイン1日量3kg飲める日数1年で購入する回数1年間の購入値段
LPRONライトシリーズ8,980円70%57.1g52.5日約7回62,860円
ALPRONトップアスリートシリーズ10,239円80%50g60日約6回61,434円

 

タンパク質含有量が高いと買う回数も少ないため、年間の購入する値段は安くなります。

Nao
Nao

続けるなら値段は大事

 

2.タンパク質原料としてホエイプロテイン100%を使用

アルプロンのホエイプロテインは原材料100%です。

 

ホエイプロテインとは牛乳由来のタンパク質です。

牛乳に含まれているタンパク質にはカゼインプロテインもあり、含まれている割合は約20%がホエイプロテイン、約80%がカゼインプロテインです。

 

アルプロンはこの中でもホエイプロテインのみ取り出し、ホエイプロテイン100%を使用しています。

 

ホエイプロテインの特徴は消化吸収が速いこと。

カゼインプロテインやソイプロテインがある中で一番速く吸収されます。

 

初心者にはホエイプロテインがおすすめです。

 

3.保存料、増粘剤不使用。アミノ酸スコア100

プロテインを毎日飲む人にとって添加物が気になる方は多いです。

アルプロンは保存料と増粘剤は不使用

 

保存料とは食品がくさる原因の微生物が増えるのを抑える添加物です。

増粘剤とは食品にとろみをつけたり、食感を調整したりする添加物です。

 

これらを使っていないため風味や溶けやすさはばらつきが出ますが、タンパク質含有量、アミノ酸スコア、品質には問題ありません。

 

4.少ない水でもおいしく飲める

プロテインを溶かす水の量が多すぎると飲むことが一苦労です。

かといって水の量を少なめにするとプロテインが溶け切らずだまになって美味しくありません。

アルプロンは通常80mLの水の量で溶かせます。

他のプロテインでは200〜300mLはないと溶けきれません。

200mLといえば小さめのお茶ぐらいの量があります。

 

しかし、アルプロンなら80mLでも溶かして飲めます。

ヤクルト400と同じ量です。

比較して必要な水の量が少ないので一度に飲めます。

Nao
Nao

シェイカーがなくてもコップに入れて混ぜるだけである程度溶けます

5.高品質かつ低価格を実現

アルプロンはタンパク純度が高いのに値段が安く提供ができます。

なぜなら広告スポンサー費用や卸価格・スポーツ用品店利益分がないため安く飲めます。

出典:アルプロン

 

毎日飲むプロテインは品質がよく安く飲めることが大事です。

 

6.国内工場による安心・安全製造

アルプロンは島根県雲南市に製造工場があります。

国内で製造販売をしているので安心安全です。

7.味の種類も豊富

色んな味があれば飽きずに続けられます。

 

ALPRONトップアスリートシリーズなら、

 

  • チョコチップミルクココア風味
  • チョコレート風味
  • プレーン
  • ストロベリー風味
  • カフェオレ風味
  • バナナ風味
  • ココア風味
  • 抹茶風味

 

と8種類はあるので好きな味から選べます。

Nao
Nao

1種類だけだと味に飽きるけど、たくさんあるから別のものを頼むのが楽しみ

スポンサーリンク

アルプロンのホエイプロテインの買い方

アルプロンのHPへいきます。

3本線をクリック

プロテインのホエイプロテインをクリック

【WEB限定】ALPRON WPC プロテインをクリック

好きな量を選択します。今回は1kgを一つ。

好きな味を選択します。私はチョコが好きなので選択。

問題なければカートに追加するをクリックします。

他に購入するものがあれば「ショッピングを続ける」をクリック

なければこのままご購入手続きへをクリックします。

住所を入力する画面になります。

このときAmazonPayができるので支払い登録をされていれば使えます。

住所入力が終われば配送方法へ進みます。

送料は全国無料です。

代金引換でも配送ができますが330円かかります。

最後に支払い方法です。

支払い方法は

  • クレジットカード
  • amazonpay
  • コンビニ決済
  • スマートフォンキャリア決済
  • あと払い(ペイディ)
  • 代金引き換え

 

最後に「ご注文完了」を押して終わりです。

Nao
Nao

一度アカウント作っておくと次頼むときラクですよ!

 

スポンサーリンク

アルプロンのシリーズについて

アルプロンではプロテイン入門向け、中級者向け、上級者向けの3種類のシリーズが用意されています。

ライトシリーズ プロテイン入門者向け

トップアスリートシリーズ プロテイン中級者向け

IZMOシリーズ プロテイン上級者向け

それぞれの特徴私の感想を説明します。

 

ライトシリーズ(アルプロンWEBシリーズ) プロテイン入門者向け

全体的に値段が安い

味が美味しい

1回のタンパク質量が少ない

 

入門者向け商品と言われていますが、私はどんな人でもおすすめです。

現在でもベストセラーに選ばれるぐらい人気です。

出典:アルプロン

私がおすすめな理由の一つが味がおいしいから。

理由を説明します。

全体的に値段が安い

タンパク質含有量が約72%(約22g)でアルプロンシリーズの中で最も数値が低いです。

そのかわり値段が安いです。

1杯あたり約92円です。

 

1kg3kgから選ぶことができます。

私は今は3kgですが、1kg×3個購入して味を楽しんでいました。

 

味がおいしい

タンパク質含有量が低いということは別の添加剤が入っています。

それが糖質

糖質は4.7g入っていますが、驚くほどではありません。

大体角砂糖1個分の量です。

 

糖質が入ることによるメリット味がおいしいことです。

タンパク質含有量が多いとプロテインの独特な匂いが強くなります。

タンパク質の量が少ないと味がよいものが多いです。

 

1回のタンパク質量が少ない

プロテイン1杯分のタンパク質量が少ないため、必要タンパク質量を取るためには多めのプロテインの量がいります。

使用するプロテインの量が多いと早めになくなるため、買う回数が多くなります

 

逆に早くなくなるから飽きずに違う味に変えることができるので、どんな人でもおすすめな商品です。

Nao
Nao

初心者だけでなくて中級者でも安心して飲めます

 

トップアスリートシリーズ(アルプロンシリーズ) プロテイン中級者向け

タンパク質含有量80% 通常のプロテインより含有量多い

プロテインの純度が更に高いWPIプロテインあり タンパク質含有量90%

ウエイトアップ、ウエイトダウンのプロテインあり

純度が高いためビタミンが入っていない

 

タンパク質純度が高いため、糖質、脂質が少ないです。

体を大きくしたい、体を絞りたいという人の体重をコントロールするプロテインが販売されています。

 

一つ一つ説明します。

 

タンパク質含有量80% 通常のプロテインより含有量多い

アルプロンライトシリーズはタンパク質量が約22g

今回のトップアスリートシリーズはタンパク質量が24g

1杯のタンパク質量が多いため使う量が少なめですみます。

タンパク質の純度が高いため糖質と脂質がライトシリーズと比較して半分以下です。

プロテインの純度が更に高いWPIプロテインあり タンパク質含有量90%

アルプロンライトシリーズにはWPCプロテインWPIプロテインがあります。

WPCプロテインよりタンパク質の純度がさらに高いWPIプロテインが販売されています。

トップアスリートシリーズのWPIプロテインは純度が高く、プロテイン含有量が90%です。

 

WPCとWPIの違い

WPCはWhey Protein Concentrate(ホエイプロテイン・コンセントレート)の略で「濃縮乳清タンパク質」のホエイプロテイン。

自然な状態に近いプロテインで、ラクトース(乳糖)が多く入っている。

 

WPIはWhey Protein Isolate(ホエイプロテインアイソレート)の略で「分離乳清タンパク質」のホエイプロテイン。

何度も抽出されタンパク質の純度を高めたプロテインで、ラクトース(乳糖)が少ない。

違いを簡単にいえば、

・WPIはWPCに比べてタンパク質の純度が高い。

・WPIはラクトース(乳糖)が少ない。

 

どれがWPCかWPIかについてはパッケージの外に書いています。

 

WPIはラクトースが少ないため乳糖不耐症の人にはおすすめの商品です。

 

乳糖不耐症とは

ミルクに含まれる糖質である乳糖をグルコースとガラクトースに分解する乳糖分解酵素(ラクターゼ)の活性が低下しているために、乳糖を消化吸収できず、著しい下痢や体重増加不良をきたす疾患である。

出典:小児慢性特定疾病情報センター

 

遺伝子疾患なので小さな子供だけでなく大人になっても乳糖が耐えられず下痢を繰り返す人はいます。

そんな人には乳糖がなるべく入っていないプロテインを選ぶことが大事です。

 

乳糖不耐症と診断を受けなくても、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロいって下痢をする人はWPIを選ぶことをおすすめします。

 

ウエイトアップ、ウエイトダウンのプロテインあり

カロリーを増やして体重を上げるウエイトアップ

燃焼効果を上げるL-カルニチン配合のウエイトダウン

タンパク質量が両方とも約6gなので少ない

ウエイトアップは体重を増やしたい人に向けたプロテインです。

いくら食べても太ることができないハードゲイナーの人に向けた商品です。

ハードゲイナーとは

特徴は体質的に太りにくい人です。エネルギーを消費しやすいため脂肪だけでなく筋肉もつけることも難しい人です。

 

ハードゲイナーはエネルギーの消費が激しいためエネルギーを蓄えておくことが難しく、最終的には体の筋肉を削りながら生活をしています。

筋肉を保つためには体にエネルギーを蓄えないといけません。

そのためウエイトアップでカロリーを摂取して体重を増やすことで筋肉減少を防ぎます。

ウエイトダウンは燃焼効果を上げるL-カルニチン配合のソイプロテインです。

L-カルニチンは脂肪を運搬する働きを持っています。

出典:分子生理化学研究所

L-カルニチンは脂肪燃焼作用のため体重を減らしやすい成分です。

 

しかし、両者ともタンパク質量が6gしかありません。

それは卵1個分のタンパク質量です。

 

別でプロテインは必要です。

純度が高いためビタミンが入っていない

トップアスリートシリーズタンパク質の純度が高いためライトシリーズにあったマルチビタミンが入っていません。

ビタミン入りのプロテインがほしい場合はライトシリーズになります。

Nao
Nao

WPIのタンパク質含有量は異常!体重が重い私にとっては欠かせない商品です

 

IZMOシリーズ プロテイン上級者向け

生きた乳酸菌BC-30とマルチビタミンを配合

アスリート向け商品 アンチドーピングのインフォームドチョイスを取得

 

ドーピング検査が必要なスポーツをしている人IZMOシリーズがおすすめです。

 

生きた乳酸菌BC-30とマルチビタミンを配合

生きた乳酸菌BC-30が配合されているとプロテインのみの摂取に比べてアミノ酸の吸収率が増加します。

生きて腸まで届く「“生きた乳酸菌”BC-30」配合

乳酸菌BC-30は、米国Ganeden社が提供する胃酸や胆汁にも耐える保護機能を持つ乳酸菌で生きたまま腸に届く。 乳酸菌BC-30をプロテインと一緒に摂取した場合、プロテインのみの摂取に比べてアミノ酸の吸収率が増加。 アメリカFDAGRAS資格を備えた安全性で世界中の600以上の製品に使用され、これまで約70億食分が1件の有害事象もなく販売されている。

出典:PRTIMS

 プロテイン+乳酸菌BC-30を摂取した場合の各アミノ酸の吸収量

出典:PRTIMS

特殊な配合で「機能性」にこだわった商品です。

アスリート向け商品 アンチドーピングのインフォームドチョイスを取得

インフォームドチョイスとは、イギリスに本社を置くLGC社(Laboratory of Government Chemist.:以下LGC)が2007年から運営する世界最大のアンチ・ドーピング認証プログラムです。

 

インフォームドチョイス認証ではWADAの禁止物質リストに加え、最新情報に基づいてLGC社が分析の必要と判断した物質も加えて分析が行われます。

 

ドーピング物質は日本アンチ・ドーピング機構で毎年更新されており、世界アンチ・ドーピング規定 禁止表国際基準でドーピングリスト(リンク先は2022年ver)を発表しています。

スポーツ選手は常に気をつけなければなりません。

ドーピングリストは毎年1月1日で原則1年に1回更新されます。

私は薬剤師なのでスポーツ選手の風邪薬の処方が来た場合、ドーピングリストに入っていないか調べてからお渡ししています。

今知っている知識だけでは正しいかわからないため必ず調べます。

 

IZMO O₂ WPC プロテインはインフォームドチョイス認証を受けています。

リストはリンク先からダウンロードができます。

出典:Informed Choice Certified Brands

PDFを開いたら検索をかけます。

出典:Informed Choice Certified Brands

「 IZMO 」で検索をすると表示されます。

出典:Informed Choice Certified Brands

IZMO O₂ WPC プロテインはインフォームドチョイス認証リストに載っていることが確認できます。

 

うっかりドーピングを防ぐためにも摂取するプロテインがインフォームドチョイス認証されている商品を選ぶことをおすすめします。

Nao
Nao

ドーピング検査が必要ない人はトップアスリートシリーズで十分ですよ!

スポンサーリンク

最初のフレーバーとしてチョコをおすすめ

最初はライトシリーズ(アルプロンWEBシリーズ)のWPCプロテイン

フレーバーはチョコがおすすめ

飲みやすい、安い、溶けやすいで続けやすい

 

私のプロテインのおすすめの種類を紹介します。

ライトシリーズ(アルプロンWEBシリーズ)の中でWPCホエイプロテインをおすすめします。

 

理由は味がおいしく値段も安くて続けやすいからです!

タンパク質含有量が高すぎるとプロテイン独特の匂いが出てくるし、匂いを気にしながら飲むとプロテインを飲み続けたくなくなります。

チョコレートジュースのように毎日飲む楽しみがあることが続ける秘訣です。

私はアルプロンのプロテインを購入するときはチョコを選びます

さすがに毎日は飽きるときがあるのでチーズケーキやイチゴミルク、ミックスベリーを買います。

 

いろんな味を試していますが感想を言うと

ココアミルクカフェオレのような感覚で飲めます。甘すぎずおいしいです。

イチゴミルクはイチゴ味が消えることなくミルクと半々で味がします。甘いデザートのような味でおいしいです。

プレーンはほのかに牛乳のような味と薄く甘い味がします。他のメーカーではプレーンは臭くて飲めなかったのに、アルプロンのプレーンは飲めます。以前Amazonで安く大量に販売されていたので、たくさん買っていました。

チョコは王道!味は甘すぎずちょうどいい。ついついご飯の後ってチョコを食べていましたが、このチョコ味を飲んでいるときは間食でチョコは食べませんでした。

チョコバナナは味の混合が最高です。バナナ好きにはこちらが良いですよ!

チーズケーキは甘すぎます。私は甘すぎると飲めないので、こちらについては飲むのがしんどかったです。甘党にはいいでしょうが、2杯ぐらいでお腹いっぱいです。あ、間食はしたくなくなるぐらい食欲は減ったのでその目的ならいいかも!

ミックスベリーは少し酸っぱい感じでおいしいです。こちらは唯一酸味のある味なので、プロテイン独特の匂いが気になる人はこちらがおすすめです。

 

色々と味を紹介しましたが、やっぱりチョコがおすすめです。

一番リピートして購入している商品です。

慣れてきたらアルプロンシリーズのWPCプロテインを買いましょう!

Nao
Nao

いろんな味を試しても最後はチョコで落ち着きます。チョコおいしい!

スポンサーリンク

プロテインを安くおいしく飲み始めましょう

初心者に向けたプロテインを紹介しました。

私の購入した感想も含めて記事を書いています。

今回紹介した内容は

コスパが高くて飲みやすいアルプロンがおすすめ

アルプロンのホエイプロテインの買い方

アルプロンのシリーズについて

 ライトシリーズ プロテイン入門者向け

 トップアスリートシリーズ プロテイン中級者向け

 IZMOシリーズ プロテイン上級者向け

最初のフレーバーとしてチョコをおすすめ

プロテインを安くおいしく飲み始めましょう

です。

 

プロテインをはじめて買う方は値段が高ければいいってわけではありません。

安くてもおいしいプロテインを選んでもらうと続けやすいのでおすすめです。

 

私はプロテインだけでなく、ビタミン剤やミネラルをiHerbで購入して飲んでいます。

タンパク質の吸収を上げたり、体を作る成分をとるためにはサプリメントが必須です。

 

以上!おわり!

 

参考:サラスティア

森永製菓

東京都福祉保健局

小児慢性特定疾病情報センター

分子生理化学研究所

PRTIMS

Informed Choice

東京都薬剤師会

日本アンチ・ドーピング機構

ABOUT
この記事を書いた人
なお

なおどらログの運営者

生活をラクにするをコンセプトに
考え方
栄養
ガジェット
を紹介する雑記ブログです。

【実績】
6年生 薬剤師 現役合格
簿記3級 6ヶ月で合格
4年以上朝4時半に起きて活動(朝活)
4年以上自宅で筋トレ
1年で残業時間30時間⇨8時間へ減少
1年で体重8kg減少

よろしくお願いします。

資格:薬剤師、簿記3級

詳しいプロフィール⇩
このブログと「Nao」の自己紹介

なおをフォローしましょう
スポンサーリンク
iHerb
プロテインレビュー興味あること
スポンサーリンク
なおをフォローしましょう
なおどらログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました