耳を塞がない。耳にひっかける特殊な形。アンビーからイヤーカフイヤホンの完全ワイヤレス発売。AM-TW01。

デジタル

イヤホンは耳の中に入れないといけないから圧迫感がある。

アンビー、前から使っているよ!ヒモがちょっと邪魔だけど。

Nao
Nao

ついに来ました!!

完全ワイヤレスになったアンビーの商品を待っていたんです!

今回の記事は

耳の中に入れるカナル型イヤホンは耳が詰まった感じがするんだよなー。

耳を塞がないものがほしいけど、可愛いのがほしい。

外の音を取り込むイヤホンもいいけど、機械の音なんだよなー。

そんな人向けの内容になっています。

結論は

要点

耳に引っ掛ける完全ワイヤレスイヤホン。

外からの音は直接耳で聞くことができる。なのに音楽も聞こえる。

デザインがかわいい。小さいイヤリングみたい。

長時間イヤホンは耳の中にカビを生やす。ambieなら心配なし。

耳の中に入れない塞がないイヤホンを探してる方はおすすめ!

Nao
Nao

ほんと可愛らしくて、ずっと見ていたいガジェットの一つです。

スポンサーリンク

アンビーって?イヤーカフとしてトレンド呼んだ会社。

引用:ambie

耳を塞がずに音を楽しむことができる新感覚のイヤーカフイヤホンを開発した会社です。

耳の中にイヤホン突っ込むと、音漏れをしないように密閉しなければなりません。

それが音に繋がるので、いい音を聴くには必須です。

でも、気軽に音を聴くとき密閉感って嫌です。

詰まった感じがします。

それを解消しているのが今回のambieです。

イヤーカフイヤホンの特徴
  • 外の音が自然に聞こえる
  • 一日中つけてもムレない気にならない。
  • 音楽を聴きながら人と話をすることができる。
  • イヤホンマイクは標準装備
  • ソニーの音響技術を活かしたサウンド
  • 独自の特殊な構造で音漏れも気にならない

今までのイヤホンは耳の中に入れるしかありませんでした。

耳の中に入れると閉塞感が強く出ることがあります。

骨伝導イヤホンも発売されましたが、頭の大きさに影響されます。

私とか頭が大きいから締め付け感が少しあります。

でも、ambieの商品なら頭部の大きさや閉塞感は関係ありません。

なぜなら、耳の外にイヤホンをつけるからです。

引用:ambie

通常のイヤホンは耳栓をしている状態のため、自分の声がこもって聞こえます。

更に、自分の声の大きさがわからないため、つい大声で話をしていることもあります。

しかし、今回のように開放型イヤホンの場合、耳はフリーのため、そのまま声は聞こえます。

快適に話をすることができます。

スポンサーリンク

一日中つけていてもムレることがない。つけっぱなしを実現。

引用:ambie

他のイヤホンの場合、耳の中にずっと入れながら人と話すと失礼な人ととらえられます。

聞く態度ではないということです。

音取込機能があると言っても、相手からはその機能があるイヤホンかわかりません。

でも、イヤーカフならまるでアクセサリーのため、相手にはイヤホンをしていると見られません。

ambieなら耳が空いていることがひと目で分かるため、話かけやすいです。

 

従来のイヤホンの場合、長時間装着をすると、カビが生える可能性があります

病名は外耳道真菌症です。

外耳道真菌症の原因の一つが長時間装着するカナル型イヤホンです。

引用:中京テレビ

純粋に外の空気に触れていないため、耳の中がムレます。

その状態を放置するとカビにとっては快適になります。

カビの増殖を促してしまいます。

外耳道真菌症の主な症状は、耳の強いかゆみ、耳の痛み、耳だれ、耳閉感、難聴などです。

耳の中がひどくなる前に従来のイヤホンを1時間ごとに外すことが推奨されます。

それに比べて、イヤーカフイヤホンは耳を閉じることがありません。

ambieならつけたり外したりせず、ずっとつけていられます。

装着をしていることを忘れるぐらい軽くてコンパクトです。

通常のイヤホンで必要な動作だった

「取り出す、つける、外す、しまう」

がいりません。

スポンサーリンク

今回から完全ワイヤレスイヤホンへ!コードからもフリーへ!

引用:ambie

今まではコードが必ずついていました。

耳についてはこんなに自由なのに、、、

耳以外にコードがぶら下がっていました。

コードはどうしても気になります。

これだけで購入候補からなくなるぐらいです。

それぐらい完全ワイヤレスが素晴らしいです。

しかし、まさかの完全ワイヤレスへ進化!

もう最高ですよ!

楽しみにしてましたよ!

スポンサーリンク

AM-TW01について。何度見てもかわいい!

引用:ambie

 

ほんとにアクセサリーかなって一瞬思うような形です。

かわいい。

これで他のイヤホンと同じように音を聴くことができます。

能力について

アンビー サウンドイヤカフ AM-TW01
重さ(本体)片耳約4.2g(ケース)約25g
サイズ(本体)20.9mm x 27.9mm x 14.1mm(ケース)37.3mm× 66mm × 21.2mm
連続再生時間約6時間*ご使用方法やデバイスによって異なる場合があります。
ペアリング済みスマホとの通信距離最大約10m(Class 2)
マイク方式MEMSマイク
防水性能IPX5 ※充電ケースは防水非対応
対応Bluetooth プロファイルA2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデックSBC, AAC, aptX, aptX Adaptive
同梱物USB Type-Cケーブル、取扱説明書
通信方式Bluetooth標準規格 Ver5.2
引用:ambie

軽い!軽すぎですね。

4gといえば、十円玉の軽さです。

それぐらいならつけている感覚はありません。

Bluetooth Ver5.2なら断線しにくいです。

どこでも相棒になります。

連続再生時間については6時間ほどあれば問題ありません。

通勤時間でも片道1時間にも十分に耐えられます。

往復行けるぐらいです。

イヤホンで耳を閉塞しないので、一日つけても耳の中が蒸れる心配はありません。

一日つけたい場合は、2つ買うことがおすすめです。

金額は15,000円です。 

意外と安いです。

以前のコードはあるけどワイヤレスであったambieの商品が13,000円です。

それから2,000円上がったぐらいです。

前回と比較するとそんなに割高になっていません。

スポンサーリンク

デメリットは周りの音で集中できないこと

メリットであり、デメリットです。

耳を塞がないため、様々な音が入り混じります。

それは仕方がないでしょう。

向かない人

音楽を聞いて集中して作業をしたい人

様々な音が入ると気になる人

大音量で音楽を楽しみたい人

などは正直にカナル型イヤホンを購入したほうが幸せになれます。

スポンサーリンク

耳の開放感!日常で音楽や動画を楽しもう!

私は家事を多くします。

掃除、洗濯、皿洗いなどあちこち動きます。

動きながらYouTubeを見たり、映画を楽しみたいです。

一つ一つ何も聞かずに集中できたら早く家事が終わるかもしれません。

でも、どうせやることが一緒なら楽しみながら家事をしたいです。

今は骨伝導イヤホンを使ったり、ネックスピーカーなどを使っています。

これでも十分ですが、問題は可愛さ。

重要ですよ。

かわいいはテンションが上がります。

身近に揃えておくガジェットはテンションが上がるものが大事です。

生活の質が良くなります。

ファッションも気になる人はぜひ見てください!

ambie

発売は9月下旬です。

それまでにイヤーカフを体験したい方はぜひ購入してください!

以上!おわり!

 

参考:ambie

耳の穴の中に「カビ」が かゆみや痛み、難聴も 長時間「イヤホン」に要注意

コメント

タイトルとURLをコピーしました