充電式蚊取りLEDランタンが出た!夏のキャンプを楽しもう!

デジタル

蚊取り線香って携帯できるものとかもあります。

でも、煙が必要なのはわかりますが、煙たいですよね。

さらに火傷しやすいですし、意外と消し炭が熱くて危険です。

今回は蚊取りランタンタイプが発売されました。

今からの時代は線香ではなく、ランタンですね。

わかること

  • 蚊取り線香の効果は虫に対して神経異常を起こす。
  • 蚊取り線香は煙と熱に危険があります。
  • 蚊取ランタンとは紫外線で無理なく虫を集めるタイプ

スポンサーリンク

蚊取り線香の効果とは?

蚊取り線香(かとりせんこう)とは、主に蚊を駆除する目的で、線香に除虫菊の有効成分(ピレトリン)や類似のピレスロイド系成分を練り込んだ燻煙式渦巻き型の殺虫剤である。

引用:Wikipedia蚊取り線香

ピレスロイド系とは、昆虫の体内に入り込むと神経伝達異常を起こし、痙攣し死に至ります。

人への影響はどうでしょうか?

よく使用される殺虫剤としてはピレトリン系とピレスロイド系がありますが、これらは花に由来し、通常は人間に対して強い毒性を示しません。

引用:殺虫剤中毒 – 25. 外傷と中毒 – MSDマニュアル家庭版

花由来ということと虫に使用するため量は少なめです。

人体に影響するまでの量ではないため、影響はほぼなしと考えて良いでしょう。

一巻きの効果時間については

  • 大型サイズ 12時間
  • レギュラーサイズ 7時間
  • ミニサイズ 3時間

です。

結構長い時間燃焼しますね。

スポンサーリンク

蚊取り線香の火傷、煙の影響について

蚊取り線香は常に燃え続けています。

言い換えると常に高温であるということです。

線香の温度は700-800度程度となっているため、触れるだけで火傷します。

水の沸点は100度であり、沸騰させ続けても100度以上となりません。

それは水が蒸発をしてしまうからです。

それ以上の熱さが線香で発生していると考えると、熱すぎることがわかります。

一瞬でも触れると火傷をします。

次に煙ですが、ベンゼンを含んでいます。

参考:線香、お香及び蚊取り線香の煙中ベンゼン濃度

ベンゼンは、十分に立証されたヒトに対する発がん物質である。 ベンゼンに暴露された作業者の疫学研究は、ベンゼン暴露と骨髄性白血病の因果関係を立証している。

引用:ベンゼン

排気ガスなどにも含まれており、常に皆吸っています。

しかし、出来得る限り吸う量は減らしたいところです。

煙が充満したら換気を十分に行いましょう。

そう考えると縁側に蚊取り線香って絵面は、人体にも影響がない程度に風通しも良かったんでしょう。

昔ながらの雰囲気で、煙が立ち上っていく様は私は好きです。

スポンサーリンク

今のトレンドは紫外線で虫を呼び寄せる!電気ショックでやっつける!

ランタンの形をしており、綺麗に発光します。

明るく光も放つため、キャンプなど外にいるときでもトイレに向かうときに役に立ちます。

様々なシーンでの使用を想定してあります。

  • キャンプ
  • 車中泊
  • 夜の散歩
  • BBQ

など、煙や薬品を使用していないため、食品があっても安全です。

ランタンの形をしているため、引っ掛けて光を放つ事もできます。

更にテーブルに置いておく事もできるタイプです。

子供の指も入らない設計になっています。

煙が出ないので、赤ちゃんにも安全な設計になっています。

安心ですね。

スポンサーリンク

外でも快適に過ごそう!電気で虫を撃退する!

外でキャンプするときに、虫との戦いでもあります。

BBQするときとか、蚊取り線香は上につるしたり、少し離れて置いたりしていました。

そうすると風邪の流れで食べているところに煙が流れたりします。

その結果、臭いとともにお肉を食べないといけないってことがありました。

今回のランタンについては、BBQする場所から4箇所正方形を描いて設置とかすると虫を撃退できるかもしれませ

ん。

出入り口には一つ欲しいです。

以上!おわり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました