持ち運びがラク!イヤホンとスマートウォッチの一体型ガジェット!【Wearbuds Pro】

ガジェット

イヤホン忘れた。。。

スマートウォッチを忘れた。。。

Nao
Nao

あちこちに忘れるなら一体型のスマートウォッチが良いですよ。

 

生活を楽にするガジェット大好き、なおどらログのなおです。

スマートウォッチ楽しんでますか?

周りにはアップルウォッチばっかりつけている人が見られます。

でも、高齢者の方はアップルウォッチじゃない特殊なスマートウォッチをつけている人多いです。

薬をお渡しするときに、スマートウォッチで電話通知が来ているのを見るとドキドキします。

 

今回の記事は

忘れものが多いから一つにまとめたい。

毎回イヤホンとスマートウォッチの両方とも充電するのは面倒。

あれこれ出さないと音楽が聴けないなんて、ああ面倒よ!

そんな人にピッタリなスマートウォッチがクラファン開始しています。

 

結論から言うと

要点

スマートウォッチにイヤホンが付いているガジェット

わずか2秒でイヤホンを取り出して、直ぐに通話や音楽が聴けます。

スマートウォッチがイヤホンの充電の役割を果たしています。

イヤホンは1時間でフル充電が完了。持続時間は最大5.5時間。

周囲のノイズをカットするCVCノイキャン通話付き

付属の充電ケーブルでスマートウォッチは約1.5hでフル充電

 

Nao
Nao

どんどん持ち物が減っているような感覚です。

 

スポンサーリンク

Wearbuds Proについて。一体型スマートウォッチ。

めちゃくちゃワクワクするようなガジェットです。

 

健康管理 ☓ 音楽 ☓ 着信通知

 

が一つでできるガジェットです。

歩く動くなどについて自身の情報を知るにはスマートウォッチが欠かせません。

自身の行動パターンが分かれば、無駄な動きや運動の必要性などの理解がより進みます

そのためにはスマートウォッチをずっとつけておくものです。

大きな特徴は

 

スマートウォッチとイヤホンの融合

 

です。

昔から一体型のスマートウォッチっていくつか発売されています。

でも、技術からイマイチだったんです。

「ウォッチ」っていうよりも、「箱」を腕につけているような感覚でした。

だから一般的なスマートウォッチよりもバカでかくなっていました。

 

今回は違います。

最低限のサイズでちゃんとスマートウォッチになっています。

 

スポンサーリンク

ハイスペックイヤホン。本格サウンドやノイキャン通話がついている。

引用:Wearbuds Pro

サウンドはクアルコムaptXに対応。無劣化の音質を実現。

音質についてはBluetoothでも最高品質で対応しています。

ここが劣化していると気になります。

CDのような無劣化音質も実現しているため、音質については問題ないでしょう。

 

存在感を忘れる快適なつけ心地

スマートウォッチに入るぐらいの小さいイヤホンです。

ポロポロと耳から外れると大変です。

人間工学に基づいたイヤホンとなっているため、自然と馴染みます。

激しいスポーツをしていても外れにくくなっています。

 

電話中は周囲のノイズをカットするCVC8.0ノイズキャンセリング

これは助かるときがあります。

通常の通話でもスマホのみで人混みの中電話すると、相手の声すらも聞こえないときがあります

ノイキャン通話があれば、背景の騒音も正確に識別して消去し、クリアな通話を可能にしてくれます。

Bluetooth5.0モノラルにも対応しているのは素晴らしい!

片方のみイヤホンをつけていれば、電話対応が可能です。

 

 

スポンサーリンク

充電はイヤホンは1時間、スマートウォッチは1.5時間でフル充電

イヤホンは5.5時間長時間連続使用可能です。

なかなか充電もせずに長時間聴くことはないでしょう。

スマートウォッチについては1度のフル充電で10日間連続使用可能です。

ってことは充電も余り考えることなく、快適な外出をすることができます。

スマートウォッチは専用の充電ケーブルが必要になるので、持ち運ばなくても長時間連続使用が可能なことは助かります。

スポンサーリンク

画面はコーニングゴリラガラスになった!これはホント傷がつかないです。

以前私が使用していたスマートウォッチがゴリラガラス採用でした。

そのおかげで、スマートウォッチをあちこちでぶつけても傷等は一切ありませんでした。

それぐらい安心できます。

逆にゴリラガラスではないだけで、ぶつけると気になってしまいます。

 

スポンサーリンク

持ち運ぶガジェットは最適にすべし。まとめることができると選択が減る。

一つのガジェットで何個も兼用することができる。

それが、時短のコツでもあります。

一つの機能で一つのことしかできないってのもビンテージ感あっていいです。

無駄を楽しむことも重要です。

今回はスマホを取り出す回数が明らかに減ります

なぜなら、通話に出るときはWearbuds Proのみですみます。

 

電話が来る

スマートウォッチからイヤホン取り出す(この間2秒)

画面をみて電話応答する

 

人の動きの一部が一つでできるようになると楽しいです。

生活をどんどんラクにしていきましょう!

ここから詳細を見ることができます⇩

以上!おわり!

 

参考:Wearbuds Pro

コメント

タイトルとURLをコピーしました