【REON POCKET2】首から涼しさを保つ。全体的に体温調整できる着るクーラー【はるやまとコラボ】

デジタル

外での作業あつーい。きつーい。

ウイルスが蔓延していると言っても外に出ないといけないときがある。

Nao
Nao

電車の中でも人混み次第では暑いです。

自分だけでも体温調整できると楽ですよね。

今回は

外での作業が多いから体温調整したい。

風が中に入る服は知っているけど、目立たないものがほしい。

清潔を保つ事ができるタイプがほしい

そんな人に向けた記事です。

まとめると

要点

首の後ろに設置する本体接触して体温調整するウェアラブルサーモデバイス。

スマホアプリで温度調整が可能。自動的に快適になる温度へ変更可能。

冷やしたり温めたりする冷温両対応のため、夏も冬も使えます。

専用の服があり、ポケットに入れて使います。そのため、着た服は洗うことができます。

Nao
Nao

扇風機がついた服もあります。

こちらの場合、取り外しができるので、服は洗えるからいいですよね。

 

スポンサーリンク

REON POCKET2は自身の温度が変わって、体温を調整する。

引用:REON POCKET 2

本体は長方形の形をした鉄板のようなものがついている機械です。

引用:REON POCKET 2

こちらを首の後に設置して、首に当てます。

首周りを中心にして、全体の皮膚が暖かくなったり、冷たくなったりして体温を調整します。

特徴

  1. 吸熱性能 最大2倍の「レベル4」搭載
  2. 優しく、強く冷温を伝えます。
  3. 進化した耐水・耐汗構造

です。

外でよく動いたりしないければならないので、汗や水に強いと使いやすいです。

引用:REON POCKET 2

COOL時は常に風を通して、片側が冷たくなるように作られた素材です。

冷たさと暖かさの上下は

室温30度の環境で安静時5分経過 ⇨ -13℃ (体表面温度)

室温15度の環境で安静時5分経過 ⇨ +8.3℃ (体表面温度)

このぐらい体温が上下します。

結構体が冷えるし、温まりますよ。

スポンサーリンク

専用アプリでスマホから温度調整可能

引用:REON POCKET 2

お好みの温度レベルを4段階から選ぶことが可能です。

さらにオートモードもあります。

本体に搭載の複数のセンサーが、本体内部や冷温部の温度、行動(静止/歩行)を感知し、適切な温度レベルになるよう自動的に調整してくれます。行動の検出には、ソニーのR&Dセンターで開発した独自のモーションセンシング技術を採用しています。人の歩行動作をリアルタイムに検出するこの技術により、適切な温度調整を可能にしています。

引用:REON POCKET 2

自動的に快適になるように調整してくれるのはいいですね。

夏なら汗をかくので、外から中に入ると汗がひくため、思った以上に寒いときがあります。

そういうときも調整できるとかゆいところに手が届くような感じですね。

更にクイック起動もあるので、本体ボタンを約2秒長押しをするだけで、COOL/WARMを開始できます。

楽ですねー。

スポンサーリンク

専用ポケットがついたビジネスシャツ。はるやまから発売

引用:REON POCKET 2

これこそ待っていたものですよ。

デジタル × ガジェット

こういったものが世界に広がるとめちゃくちゃ嬉しいです。

ガジェットは体中に身につけて生活を楽にしたいです。

まさにそれですよ。

スポンサーリンク

基本的はREON POCKET22は首元に装着します

引用:はるやま

入れるためのポケットが必要です。

REON POCKET2ではインナーシャツを発売しています。

はるやまではシャツです。

引用:はるやま

パッとみ、わからないですよね。

こんなところにまさかREON POCKET2が装着されているとは思いもよらないです。

生地も6種類から選択できます。

Nao
Nao

きっと気に入る色とサイズがあると思います。

 

スポンサーリンク

夏も冬も使うことができるREON POCKET2。これで季節は関係なし!

服に扇風機がついたガジェットタイプも大好きです。

でも、冬は寒いです。

これだけでいいってガジェットはなかなか発売されていませんでした。

今回はまさにその商品です。

夏も冬も兼用できます。

季節も関係なしのいつでも使えるガジェットはこれかもたくさん世の中にでてほしいです。

チェックしてください⇩

そのまま首に引っ掛けることができるものも発売しています。

 

以上!おわり!

参考:はるやま

REON POCKET2

コメント

タイトルとURLをコピーしました