ASUS Chromebook CX1発売。画面が大きく15.6インチ。画面の作業スペースは最高かも。

ガジェット

来たね。Chromebook新作!

Nao
Nao

といっても、だいぶ過ぎてしまいました。

でも、紹介したいです!

 

今回の記事は

4万以下での使えるPCないかな。

クロームブックの最新機器どんな感じ?

画面が大きいほうがいい。

そんな人に向けた内容です。

 

結論からいうと

要点

今回は大画面。15.6インチ。最大画面サイズのクロームブック。

全体の重さは1.8kg 大体ペットボトル2Lサイズぐらいの重さ。

メモリは4GB CPUはIntel(インテル)Celeron N4500

値段3万5800円はぐらいでリーズナブル

デメリットはテンキーが無いこととキーボードが内側に集まっている。

Nao
Nao

大画面が好きな人はチェック!

 

スポンサーリンク

ASUS Chromebook CX1 (CX1500)について。大画面よ!

引用:Amazon

画面が大きいことが一つ特徴です。

 

特徴

項目
重さ約1.8 kg
サイズ18.9 mm
画面の大きさ15.6インチ
インテル® CPUデュアルコア
メモリ4 GB
ストレージ64 GB
画面占有率77%
ディスプレイアンチグレア
キーストローク1.4 mm
キーボード防滴加工
バッテリー駆動時間約10.4時間
引用:ASUS

ディスプレイはアンチグレアで反射しないタイプです。

ベゼルレスで開いたらほぼ画面でテンション上がります。

 

スポンサーリンク

メリットは画面が大きい!今販売されているクロームブックでの最大サイズ。

15.6インチは大きい画面の分類に入ります。

通常のPCサイズはだいたい11.6-14インチぐらいのサイズになります。

それよりも大きめです。

大きいので、持ち運ぶよりも固定したほうが良いかもしれません。

でも、Chromebookのすごいところは持ち運べる耐久性です。

耐久性が他のPCと比べて段違いに良いです。

ASUS Chromebook CX1 (CX1500)は、耐久性に優れた設計で、持ち運びに最適です。米国国防総省が定める軍用規格のMIL規格(MIL-STD-810H)に準拠したテストを複数クリアしているだけでなく、ASUS 独自の落下テスト、周辺機器の挿抜耐久テストといった厳しいテストをクリアしています。高い耐久性が実証されており、日常での衝撃や振動を心配する必要はありません。

引用:ASUS

壊れるかもって思わずに、持ち運べるPCは良いですよね。

 

スポンサーリンク

デメリットは画質。ちょっと気になるレベルかも。

画質が気になります。

解像度:1,366×768ドット (WXGA)

92万画素Webカメラ内蔵

引用:ASUS

大画面だと画素の粗さが目立ちます。

PCって長時間作業をするものなので、私としては画質は最低でも2K(1,920×1,080)はほしいところ。

結構画質は我慢ができないようになります。

Chromebookって、オンライン授業やオンライン会議などで使用することが多いです。

その時のためにも、Webカメラ100万画素は超えてほしかったところ。

文字はなく、表情だけ必要なものなら問題なしでしょう。

あと、今回はテンキーレスです。

もし、数字を入力する機会が多い場合、別で用意する必要があります。

外部テンキー欲しい人はこちら⇩

 

スポンサーリンク

Chromebookみるだけでも楽しい!今回は大画面が推し!

Chromebookは毎回新作を見るのって楽しいです。

リーズナブルで教育でも使用されています。

そうすると、学校全体でPCを購入されるため、Chromebookが学生の常識となります。

そんな子どもたちが学校を卒業して働き始めるときには、PCが当たり前の時代になっているかもしれません。

そんな世の中が来ることをものすごく楽しみにしています。

なんていうか、

 

個人一人ひとりにChromebook

 

みたいな世界にならないかなって思います。

そうするとGoogleに支配されている世界になるので、ちょっと怖いです。

ちょうど画面が大きいPCはが欲しかった人はこちら⇩

 

以上!おわり!

 

参考:ASUS

コメント

タイトルとURLをコピーしました